TOPPAGE ごあいさつ 学科案内 施設案内 入学案内 生活支援体制 就職支援体制

kssc,トレーナー専攻

"勝つ"ために必要な存在となる
ますます需要と期待が高まるスポーツトレーナー

一般スポーツから競技スポーツのあらゆる現場で、専門性の高いトレーナーの存在が大きくなっています。ケガの応急処置や機能回復、筋力や持久力を高めパフォーマンスを向上させるトレーニング指導、ケガをさせないための 予防や体調管理と幅広い分野での活躍が期待されるトレーナー。 本校では、現場実習を充実させ、理論的で、科学的な授業を展開します。

KSSCの優れた教育プログラムの一つに現場実習カリキュラムがあります。研修先には、大分トリニータ、大分ヒートデビルズをはじめ、実業団、クラブチームのほか、 医療施設、老健施設、トレーナー業務の関連企業、治療院、各種トレーニング施設、中学・高校・大学部活動などがあげられます。 実習を重ねる中で、豊富な体験と幅広い知識、さらに人間教育が行われます。こうしてトレーナーとしての基礎をしっかりと身につけ、 柔軟な応用力を養いながら、日本体育協会公認アスレティックトレーナーやスポーツプログラマー、地域スポーツ指導者、健康運動実践指導者などの資格を取得します。

カリキュラム(例)
一般教養科目
情報処理(エクセル・ワード)
ビジネス一般(簿記・販売士・接遇マナー)
総合教育
英会話
実習
アスレティックトレーニング実習
リハビリテーション実習
ストレングス実習
コンディション実習
テーピング実習
専門科目
運動生理学
体力測定評価
救急処置
マッサージ論
スポーツ医学
テーピング論
スポーツ栄養学
トレーニング論
スポーツ指導論
コンディショニング実技
スポーツ社会学
バイオメカニクス
スポーツ心理学
マッサージ実習
kssc,トレーナーコース,キャプション

アスレティックトレーナー専攻 アスレティックトレーナー専攻

アスリートの外傷・障害・疾病の応急処置と予防など実践的な技術を習得。トレーナーとしての実践を豊富に積み重ねられるのも強み。 トレーナーの基本技能となるテーピングやマッサージ、ストレッチングをはじめ、アスリートの健康管理、コンディショニングづくりにおいて、それぞれアスリートに合ったプログラム作成を行い選手━監督━ドクターをつなぐパイプ役となれるようなアスレティックトレーナーを養成します。 また、国内唯一の公的資格でもある日本体育協会公認「アスレティックトレーナー」のライセンス取得をめざします。

目標とする資格/basket
・アスレティックトレーナー
・健康運動実践指導者(認定校)
・MFA・ベーシック(心肺蘇生法)
・日本赤十字救急法(CPR)
・第二種電気工事士
・協会 ベーシックセブン
・N検定
・専門士
・JATIトレーニング指導者(認定校)
・NSCA-CPT
・SAQインストラクターレベル1
・日本コアコンディショニング
・日本ワークアウト講座
・【NEW】KSSC TRリーダーライセンス
などを予定
アスレティックトレーナー専攻

いまや健康・スポーツは21世紀を支える産業の一つ。 それぞれのスポーツシーンでは、より質の高いスペシャリストを求める傾向にあります。それぞれの運動能力を高めながら、 健康的な生活をデザインできるスポーツインストラクターを養成するのがこのコース。クラブ活動では得意なスポーツを続けながら、 フィットネストレーニング、エアロビクス、スイミングなどの実習を豊富に取り入れています。また、指導者としての魅力もインストラクターには大切な要素。 スポーツの楽しさを伝え、多種目の指導が行えるような幅の広さを養っていきます。

スポーツインストラクター専攻
目標とする資格/basket
・JATIトレーニング指導者
・JSCAインストラクター
・レクリエーションインストラクター
・日本赤十字救急法(CPR)
・ビジネス,ワープロ、漢字検定
・健康運動実践指導者
NSCA-CPT
・ビジネス,ワープロ、漢字検定
・SAQインストラクターレベル1
・情報(パワーポンイント、エクセル)
・専門士
などを予定
ヴァイセアドラーがサポート

2011年より、Vリーグ所属の大分三好ヴァイセアドラーと提携し、トレーナーとして必要な知識や技術を実際に携わっているプロから学ぶことが出来ます。

大分三好ヴァイセアドラー
 
from teacher
櫻木 健太先生

2013-2014シーズン 大分ヒートデビルズトレーナー

櫻木 健太

学生の皆さんとともに学びスポーツを正しく理解し、伝える事のできる人材を育てていくことが私の夢です。よろしくお願いします。

from teacher
西原 清先生

宇佐整骨院院長

nishihara

この2年間でいろいろなことを学び、さまざまな行事に興味をもって、自分の未来のためにどんどんチャレンジしていってほしいと思います。そのサポートをしっかりしていきます。

 
from teacher
谷 昌子先生

健康運動指導士
栄養士・調理師
テクニカルアドバイザー(JAF:日本エアロビック連盟)

MIYAZAKI

医療や福祉の現場での需要が急速に高まっている中、スポーツの楽しさや達成感、必要性をいろいろな観点から伝えられ、幅広い年齢層に身体機能だけでなくメンタル面を含め、サポートできる魅力的な指導者に育てたいと思います。


スポーツ健康学科