TOPPAGE ごあいさつ 学科案内 施設案内 入学案内 生活支援体制 就職支援体制

kssc,トレーナー専攻

業界とのパートナーシップ

大分トリニータ

夢の実現に向け最大限の努力を!

株式会社 大分フットボールクラブ
代表取締役

榎 徹社長


大分トリニータは1994年にスポーツを通じた地域貢献を理念に発足し今年で24年目を迎えました。
サッカーを通じて大分の活力「夢・感動・元気・笑顔・誇り」に貢献できるよう日々活動しており、人々の交流・経済の活性化・スポーツ文化の醸成に対し、その源となる活力を生み出す一助になりたいと願っております。また「育てる」をコンセプトに、育成型クラブの代表的な存在になり、そして“大分から世界へ”と大分と世界を結ぶ架け橋となれるよう取り組んでいます。
九州総合スポーツカレッジ様とは学生のインターンシップ等を通じ、将来のアスリートはもとより、プロフェッショナルな社会人としても成長して頂けるよう、様々な形で連携をさせて頂いております。
皆様には、夢に向かって最後まであきらめずに頑張って頂きたいと願っております。一緒に大分から頑張っていきましょう。 

ロアッソ熊本

地域と共に

株式会社 アスリートクラブ熊本
代表取締役

池谷 友良社長

ロアッソ熊本は「県民に元気を」「子どもたちに夢を」「熊本に活力を」を真の目的として発足し、県民の皆様の熱いご声援に励まされながら、Jリーグ参入10年目の節目を迎えました。
ロアッソ熊本はクラブの活動方針を「日本一地域に根ざしたクラブづくり」と掲げており、「勝負へのこだわり」のみではなく、「日本一のホームタウン活動」を目指して活動をしております。選手たちにはプレーヤーとしての能力だけではなく、社会人としての卓越した能力も求めております。
ホームタウンである熊本県民の皆様に愛されるために何をすべきかを考え、行動を起こすことが、選手としての不可欠な要素となっております。昨年の熊本地震発生後も選手たちは積極的に避難所を訪問し、支援物資の運搬や子どもたちとのサッカーでの交流を自主的に行いました。
近年、地域とスポーツチームの関係は、どんどん進化しています。それだけスポーツの可能性や地域への貢献度はこれから高まるものと思われます。九州総合スポーツカレッジで学ぶ皆様が、選手として、社会人として、素晴らしい能力を身に付け、社会に貢献されていくことを心より願っております。

ギラヴァンツ北九州

夢に向かって挑戦

ギラヴァンツ北九州
代表取締役

原 憲一社長

ギラヴァンツ北九州は市民クラブとして2001年に誕生し、2010年にJ2に参入しました。「子どもに夢と感動を!街に誇りと活力を!」というクラブ理念の基、「地域のシンボル」を目指し、街の活性化と青少年の健全育成に取り組んでおります。このような活動を通じて、ホームタウン北九州市ならびに近隣のフレンドリータウンの皆様と共に一歩ずつ進んで参ります。
九州総合スポーツカレッジ様には2012年からスポンサー協賛をいただいており、スポーツを通じてプロフェッショナルな社会人を育成するという貴学の理念に共感し、学生のインターンシップを受け入れさせていただいております。学生の皆さんには失敗を恐れずに夢に挑戦し、持てる能力を最大限に伸ばして欲しいと思います。そして将来はスポーツビジネスやトレーナーの分野で、あるいはアスリートとして日本のスポーツ界を支える人財になれるよう勉学に励んでください。皆さんの活躍を期待しています。

ヴェルスパ大分

地域に愛される

大分スポーツ&カルチャークラブ
代表・理事

清原 栄二さん

ヴェルスパ大分は、2003年8月からHOYO FCとして発足し、2012年シーズンにはJFL昇格を果たし、さらに地域に根ざしたチームを目指すべくチーム名称を ヴェルスパ大分に変更しました。今後はアマチュア最強を目指すとともに、地域の皆さまに愛され親しまれるチームを作っていきたいと考えております。 スポーツカレッジ様とは学生のインターンシップやサッカーのトレーニングマッチなどで連携をさせていただいており、ご卒業後に当クラブへ選手1名、スタッフ1名の 共に優秀な方が入団してプレーをしております。九州総合スポーツカレッジ様でより多くの事を学び、社会へ旅立たれることを期待しております。

日本プロ野球OBクラブ

スポーツの力で日本を元気に!

公益社団法人全国野球振興会 日本プロ野球OBクラブ
八木澤 荘六理事長

〈経 歴〉
元 ロッテオリオンズ選手(現 千葉ロッテマリーンズ)
元 西武ライオンズ・投手コーチを歴任
元 千葉ロッテマリーンズ・監督を歴任
元 横浜ベイスターズ・投手コーチを歴任
元 読売ジャイアンツ・二軍投手コーチを歴任
元 阪神タイガース・投手コーチを歴任
元 オリックスブルーウェーブ・投手コーチを歴任
元 四国アイランドリーグ・巡回コーチを歴任
元 社会人 東京ガス・投手コーチを歴任
元 東京ヤクルトスワローズ・二軍投手コーチを歴任
元 群馬ダイヤモンドペガサス・投手コーチを歴任
元 フジテレビ、ニッポン放送、ラジオ日本 解説者

日本プロ野球OBクラブでは、文部科学省が策定した『スポーツ立国・日本』を目指した『スポーツ基本法』に基づき、かねてからプロ野球OBの豊富な人材を活用して、アマチュア野球の指導に努めてまいりました。『スポーツ基本法』によって、地域のスポーツ振興の一環としての、プロ野球OBによる野球指導のニーズも一段と高まってきました。『スポーツは、世界共通の、人類の文化であり、スポーツを通じて健康で、心豊かな毎日を送る事がすべての人々の幸せに結びつきます』。我々は、プロスポーツ界がどの様な形で社会貢献できるかということを常に考えております。九州総合スポーツカレッジは、野球選手を志す若者のみならず、あらゆるスポーツにチャレンジするアスリートにとってすばらしいスポーツカレッジです。
野球を通じて、健全な青少年育成を柱としている九州総合スポーツカレッジの教育指導方針に対して、プロ野球OBクラブの基本理念を基に応援していきます。九州総合スポーツカレッジに携わる関係者の方々には、野球を通じてスポーツ振興に励まれる学生、選手たちが健全なスポーツマンシップの伝道者として、社会に貢献できる人材となり得るようご協力をお願いします。

四国アイランドリーグplus

共に未来に向かって

四国アイランドリーグplus
中村 俊洋理事長

2005年に日本初の独立リーグとして誕生した四国アイランドリーグplusは、2017年の今年13年目のシーズンを迎えました。
四国アイランドリーグplusは、NPBを目指す選手たちが野球に打ち込む事のできる育成の場としてだけでなく、四国における野球の裾野拡大や、地域貢献活動などを通して、選手は技術だけでなく人間力を高め、チームは地域に根差し、地域に無くてはならない存在となるため日々精力的に活動しています。
九州総合スポーツカレッジで学ぶ皆様も技術を高め、人間力を高め、共に夢の実現に向けて取り組んでいきましょう。

大分三好ヴァイセアドラー

スポーツ界を活気あるものに

大分三好ヴァイセアドラー
バレーボールチーム
部長

三好 博さん


大分三好ヴァイセアドラーはバレーボールVリーグに男子としては九州から唯一所属しているチームです。 不況で名だたる大企業のチームですら廃部が相次ぐ中、個人病院を母体とするチームが高い競技レベルで活動を継続することはスポーツマネジメントの在り方に一石を投じるものと考えています。 若い皆さんが多くを学び、九州・大分の地から日本・世界のスポーツシーンに新しい風を吹き込んでくれることを期待します。我々としても可能な限りの協力をしていきたいと思います。

熊本ヴォルターズ

must believe to archive

熊本バスケットボール株式会社
代表取締役

湯之上 聡さん

バスケットボールを通して、"子どもたちに夢を創ろう、熊本の元気を創ろう、人の繋がりを創ろう"という理念の元、2008年に活動を始めて2013年「熊本ヴォルターズ」が立ち上げました。スポンサー、ファン、株主、全ての方々に支えていただき、一歩ずつ地域のため、子どもたちのために進んでいます。 九州総合スポーツカレッジのみなさまがスポーツを通して、世界で活躍することのできる人財に成長できるように私たちも精一杯努力します!ここでこうしてご縁をいただきましたこと。感謝致します!

スポーツ健康学科